FXトレードは資産運用に非常に向いた投資方法となっています。
トレード手法も非常に多く、トレードスタイルも複数あるので、自分に合ったトレード手法をまずは見つけるのが良いです。
FXトレードに利用するトレード手法としては、その日中にトレードを完結させてしまうデイトレードという手法や、数分以内にトレードを完結してしまうスキャルピング手法などがあります。

また、中長期でポジションを保有してトレードを進めていくスイングトレードなどがあります。
どの手法が良いということはないですが、得意なスタイルをまずは見つけるのが良いです。
また、1つの手法にこだわってトレードを進めていく必要もなく、複数の方法を組み合わせて資産運用していうのも有用な手段になっています。

FXトレードは基本的にレバレッジをかけてトレードするのが一般的になっており、個人であれば1倍から25倍までレバレッジをかけることができます。
法人であれば1倍から200倍までレバレッジはかけることができます。
自身の資産状況や運用状況に合わせてレバレッジを選んでいくと良いです。

また、FXはトレードじたい非常に単純なものになっており、現在の相場から上がるか下がるかどちらの方向に変動していくかを予想するものになります。
上手く予想することができれば、安定した利益につながるので、チャートやテクニカル分析を上手く活用することで、相場を上手く読みきる必要があります。